ご要望・目的

交通費精算の簡素化に成功!過剰請求を未然に防止!
  • 毎月、交通費の精算は手書きで行っていた。そのため社員が月末にまとめて申請する傾向にあり、労働時間も増え社員に負担がかかっていた。
  • 経理担当者は、申請の都度、定期区間や乗換ルート、申請金額をチェックしていた。その他の支払処理もあるため、交通費精算の支払処理を簡素化したい。

課題

  • 交通費の精算方法が全て手書きのため外勤者(申請者)は精算のための労働時間が長くなり、月末月初の負担が増えている。
  • 手書きによる申請のため毎回、経理担当者は定期区間が含まれていないか、申請金額や乗換ルートに誤りがないかを確認する必要があり、精算処理に工数が掛かっている。

ご提案

  • IC交通費精算の導入。
  • 手書きによる申請をICによる読み取り方式に変更。
  • 都度精算を月1回の定期精算に運用変更。

導入成果

  • 申請者は、Web上で訪問先を入力するだけとなり、申請に要する稼動を大幅に軽減。
  • 経理担当者は、定期区間乗換えルートの確認作業が不要になったことにより、円滑な精算処理を実現。
  • 記入漏れや記入間違いゼロ!!
    ※用紙代の削減効果もアリ。
  • 定期区間の二重払いゼロ!!

導入サービス

IC交通費精算

お客様の抱えていた課題

交通費精算の申請および支払処理までの業務フローを簡素化したい。

手書き申請により申請者、経費担当者ともに月末月初の業務が増え、精算処理に纏わる業務負担が大きかった。

ご提案内容

  1. IC交通費精算の導入
  2. オリジナル精算書フォーマット作成

導入による成果

導入による成果
導入による成果
申請者

申請時間の大幅な短縮。

経理担当者

精算処理業務の負担軽減。

管理者

経費の見える化を実現。