Job description

仕事内容

「自分の接客がどう見えているか」常に想像しながらお店に立っています

現場の責任者として、スタッフの能力を引き出す

私は現在、キャリアショップでリーダーを任されています。リーダーの役割は、店長や副店長に替わって、お客様に期待以上の満足を感じていただける応対をスタッフができるようにフロアを取り仕切る、いわば「現場の責任者」です。皆が、お客様に最適なご提案ができ、自分の思う「最高のパフォーマンス」ができるようになれば、一人ひとりの士気があがり、更なるお客様満足度を追求できるようになります。そんな理想の働き方ができるように店舗の状況をプロデュースし、スタッフのマネジメントをするのが、リーダーの役割だと思っています。

そのためには、フロア全体の状況を把握し、スタッフ一人ひとりの様子も気にかけながら働かなければいけません。店内の状況は常に変化しますから、気づいたことがあれば、そのタイミングでスタッフへフィードバックすることを心掛けています。いい所は褒め、ミスがあれば一緒にその改善策を考え、再発防止ができる環境を作っています。

リーダーは責任者の立場ではありますが、スタッフの自然な応対を見ることができる、一番「皆に近い」責任者です。後輩には、リーダーの立場だからこそできるアドバイスをたくさん送り、どの瞬間もお客様に感動していただける、そんなフロアにしていきたいですね。


Career
enhancement

キャリアアップ

仕事とプライベートの両立で、母としての自分の成長にもつながると思っています

自分の可能性を広げてくれた、東京への転勤

もともと入社時は地元である北海道のドコモショップに配属されていました。いろいろな環境で経験を積んで、ステップアップしたいという思いがあり、4年目に東京のキャリアショップへ異動しました。異動後、私の希望もあり、今のリーダーという立場にもチャレンジさせてもらっています。今まで以上の責任感を感じ、悩む事もありますが、求められる高いレベルの期待に答えられたときはとてもやりがいを感じます。異動したばかりの私に、チャレンジするチャンスを与えてくれたこの会社にとても感謝しています。

この異動で、兼松コミュニケーションズは、なによりも社員の意見を大切にしてくれる会社なのだと実感できましたね。スタッフ一人ひとりを主役として扱ってくれるので、自分の意見をきちんと伝えれば、上司も会社もそれを聞いてくれるので、より仕事にやりがいを感じることができるのではないかと思います。


Goal

今後の目標

店舗スタッフのロールモデルになるような存在になりたい

リーダーとしての結果を少しでも早く出すために、店舗内での積極的なコミュニケーションを心がけています。私は毎朝出勤すると、同じくその日に出勤しているスタッフに声をかけて、短くてもきちんと会話をすることにしています。「自分を知ってもらいたい」、「仲間を知りたい」、そういった思いで朝のコミュニケーションを始めました。この声掛けを続けたことで、スタッフの顔色や声のトーンで体調や気分を察知し、すぐにフォローすることができるようになりました。

「現場の責任者」として一番意識していることが、スタッフ皆のロールモデルとして振る舞う、ということですね。まだ入社して間もない若いスタッフが、私のやっていることを見て「今、何をやらなければいけないのか」、「どう振る舞うべきなのか」を理解して、すぐに行動を取れるような、常に彼らの見本となるスタッフでいられるようにすることを、今、一番大切にしています。