健康経営宣言

兼松コミュニケーションズは、従業員の健康が企業活動の基盤であると考え、健康で長く働くことのできる風土の醸成をつうじて、企業の継続的な成長を推進し、安心で豊かな社会の実現に貢献することを宣言します。

健康経営の目的

従業員が健康で活き活きと働くことで、生産性の向上・創造性豊かな思考・多様な従業員の活躍を実現し、様々なステークホルダーの期待に応え、従業員の成長と会社の継続的な発展を目指します。

組織体制

当社では、健康経営推進責任者のリーダーシップの下、健康経営推進担当者を中心に各部門・拠点へ推進担当者を配置し、主体的に活動する組織体制としています。
従業員の健康にかかわる状況を把握し、自社の健康課題を経営陣や衛生委員会と連携を図りながら、各種健康増進施策を開発・推進してまいります。