兼松コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑:菊地 孝、以下“当社”)は、 京セラ株式会社、シャープ株式会社、ファーウェイ・ジャパン株式会社と共に、ヒアラブル端末による円滑なコミュニケーションを通じて、 新型コロナウィルスの対応に追われる医療機関を⽀援するために、スマートフォン端末とデータSIMの無償貸与を⾏うこととしました。

この貸与は、株式会社BONX(本社:東京都世⽥⾕区、代表取締役CEO:宮坂 貴⼤、以下“BONX社”)が2020年4⽉6⽇付で発表した 「医療機関向けにコミュニケーションアプリ“BONX forBUSINESS”と、専⽤デバイス“BONX Grip“を1,000台規模で無償貸与(期限は新型コロナウィルスの感染拡⼤が終息するまで)。」に賛同して⾏うものであり、 さらにその利⽤環境の提供を通じて⽀援いたします。
具体的には、上記“BONX for BUSINESS”や“BONX Grip”を使うために必要な、スマートフォン端末を500台規模で無償貸与、 および、データSIM回線を無償で提供(最⼤3ヶ⽉)いたします。先⾏導⼊している医療機関では、PCR検査場と関係者間の連絡などに活⽤されております。

尚、この医療機関向けスマートフォン端末の無償貸与にあたり、京セラ株式会社、シャープ株式会社、ファーウェイ・ジャパン株式会社には、 多⼤なるご協⼒をいただけたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

BONX for BUISNESSとは、スマートフォンを使って、最⼤30⼈までの双⽅向同時⾳声グループコミュニケーションを簡単にできるアプリです。
純正ヘッドセットBONX GripとBluetoothで接続して使⽤することにより、騒⾳や向かい⾵の中でもハンズフリーでクリアな会話を実現できます。
当社(兼松コミュニケーションズ)は、2019年10⽉27⽇付で、BONX社と資本提携を⾏っております。
携帯・通信回線の販売代理店である当社では、“BONX for BUSINESS”や“BONX Grip”の販売にとどまらず、 スマートフォンとヒアラブル端末の連携による⾳声検知や企業の基幹システム連携を通じて、 職場の効率改善や⼩売・サービス業における顧客サービスの価値向上を提案してまいります。

兼松コミュニケーションズ株式会社

プレスリリースに関するお問い合わせ

兼松コミュニケーションズ株式会社 新事業開発室
電話:03-5308-1108

お問い合わせフォームはこちら