店舗での経験が『話す』から『伝える』そして『魅せる』 店舗での経験が『話す』から『伝える』そして『魅せる』
仕事内容 JOB ROLE

すごく分かりやすかった!が1番嬉しい言葉です。

私が所属する営業支援部では、首都圏店舗の様々な支援を行っています。
その中で現在、私が担当しているのはスマホ教室の講師と、スマホ教室の講師育成・新人スタッフ研修です。
もともと店舗で16年勤務していたため、現場での経験を活かし、お客さまの生活を「便利で、楽しく、豊かに」することのお手伝いや、店舗スタッフとして必要な基礎知識やスキル・コミュニケーション能力を身につける研修の講師をしております。
講義では、スタッフの緊張を解き、打ち解けることが良好な関係につながるので、一方的な講義ではなく、私から問いかけ、積極的にコミュニケーションをとるようにしています。
また、普段から理解しやすい表現で伝えることを心掛けているので、講義終了後に「とても分かりやすかった!」と言ってもらえると、たまらなく嬉しい気持ちになります。
各店舗に行った際に、スタッフの皆に会えるのも楽しみの1つです。

すごく分かりやすかった!が1番嬉しい言葉です。
横のつながりを大切にする会社
KCSで働いて良かったと思う理由・出来事 APPEALS

横のつながりを大切にする会社


本社に配属される前は、首都圏地域の店舗から郊外の店舗など、計6店舗でリーダー・副店長を任されていました。
店舗によってお客様層も変わるため、異動する際は不安な部分がありましたが、KCSでは店舗同士の横のつながりを大切にしているため、エリア会議や担当会議、責任者会議で他店スタッフと顔を合わせることも多く、不安はすぐに解消されました。
困っている時は、他店舗に相談をしたり優良事例を共有してもらい、反対にこちらからも情報共有を行うことで、自店舗だけでは解決できない問題も、皆で協力し合うことで解決することができました。
また、仕事で悩んでいる時に本社の方が店舗に駆けつけ、最後まで話しを聞いて向き合っていただけたこともあり、とても感謝しています。
店舗と本社を経験し感じたことは、横のつながりが強く、いざという時に助け合う気質があるということです。
たくさんの方に何度も支えていただいたからこそ、KCSで働いていて良かったと実感しています。

先輩・上司とのエピソード MY EPISODES
先輩・上司とのエピソード MY EPISODES

学生時代のできごとが店舗で働くきっかけに

学生の頃、携帯電話が壊れてしまい手続きをした店舗がKCSの運営店舗でした。
購入したばかりで不安だった私に、対応してくれたのが当時の副店長です。
その時の温かい応対が忘れられず、この会社でこの人のようになりたい!と思ったのがきっかけでKCSを選びました。
お客さまとスタッフ、どちらにも思いやりがあり、時には厳しく指導をしてくださり、何年経っても私の憧れの先輩です。
自分が当時の先輩と同じ副店長という立場になった際は、立ち居振る舞いやスタッフ指導、ご指摘対応など当時の先輩の姿をお手本にしていました。
現在人事部で活躍をされていますが、業務内容が異なるにも関わらず、10年以上経った今でも、何かあった時はいつも気にかけてくれます。
入社のきっかけになった憧れの先輩と一緒に働くことができて、私の人生において素晴らしい経験となりました。

先輩社員の声

Interview Voice

ご応募はこちらから

PAGE TO TOP