ご要望・目的

KCS Motion は、携帯電話に関わる業務をサポートします
  • ケータイの通信費は利用部門へ振替えたいが、経費処理が煩雑になっているので、経費処理を効率化したい。
  • ケータイ、スマホ、タブレットなどの購買は利用部門に任せているが、一括管理したい。

課題

  • 電話会社から複数の請求書が届き、請求書毎に支払を行っている。
  • 電話会社の請求書を元に利用部門へ通信費を振替えているが、作業が煩雑になっている。

ご提案

  • 電話会社への支払は本社で一括支払。
  • KCS Motionを利用する事で、購買→管理→経費処理を一元管理。

導入成果

  • KCS Motionを利用する事で、利用部門への通信費計上が効率化され、経費処理の作業工数を削減。
  • 煩雑な業務をシステム化して、効率を改善。

導入サービス

お客様の抱えていた課題

支払業務と利用部門への費用振替が煩雑。
電話会社から複数の請求書が届き、支払業務と利用部門への振替が煩雑で時間がかかっていた。

ご提案内容

KCS Motionを導入する事でケータイに係るライフサイクルをサポートします。

  1. 購買は指定の契約内容へ統一し、購入日などの個別内容は自動更新する。更にワークフローをKCS Motionへセットする事で効率的な購買を実現。
  2. 回線契約、端末管理、通信費、利用部門、利用者を一元管理。
  3. 通信費は毎月KCS Motionから必要情報をダウンロードし、会計システムへインプット。
  4. 通信費の見える化を実現し、利用部門が適正利用されているかチェックできる環境を整える。

導入による成果

貸与規定に沿った、契約内容での購入に限定。誰がどの回線を使用し、端末と回線契約の情報が一元管理。通信費の部署案分を実現。
  • 貸与規定に沿った、契約内容での購入に限定
  • 誰がどの回線を使用し、端末と回線契約の情報が一元管理
  • 通信費の部署案分を実現