ご要望・目的

オフィスサービス関連購買状況が、個別管理となってしまっていて、内容確認が煩雑。一つのシステムで全ての内容を確認したい。

オフィスサービス関連購買状況が、個別管理となってしまっていて、内容確認が煩雑。一つのシステムで全ての内容を確認したい。

課題

  • オフィスサービス関連購買状況が、個別管理となってしまっていて、内容確認が煩雑。

ご提案

  • KCS Motionでワンストップ見える化。ユーザ部門はKCS Motionを見ればオフィスサービス関連の利用状況詳細、請求内訳を簡単に把握することが可能。

導入成果

  • オフィスサービス関連購買による請求内容確認時に利用部門は確認方法が社内統一され、簡便化され処理のスピードアップと正確性の向上につながった。

導入サービス

KCS Motionサービス及びKCS Motionオプションサービス

  • 固定電話(FMC管理含む)
  • ETCカード
  • オフィス文具購買
  • 宅配便
  • パーキングカード
  • 名刺・封筒
  • コピー機・複合機

お客様の抱えていた課題

各利用部署での利用状況、請求内訳確認の煩雑さを簡便化したい。

ご提案内容

  1. オフィスサービス関連利用状況の見える化。
  2. オフィスサービス関連購買のコストセーブ。
  3. 会計システムへの自動仕分け連携による簡便化。
  4. ワンストップサービスによる利便性が向上。

導入による成果

  • オフィスサービス関連利用状況の見える化により、状況の把握と分析からコストセーブを実現。
  • 会計システムへの自動仕分け連携により、手入力を廃止。請求内訳確認をシステム化したことにより、確認作業を大幅に簡便化。
  • ワンストップサービスとしたことにより、ユーザ部門は、一つのシステムでの確認が可能になり、利便性が向上。